ホーム  >  クエストのアートセラピー講座とは

笑顔・よろこび・自信・やすらぎ……豊かな心へと導くアートセラピー

アートセラピストの道を歩むこと……それは、自分の心と向き合い、理解し、自信を持ち、人を笑顔にする力をつけること。アートセラピーは、受ける人だけでなくセラピスト本人の心も豊かにしてくれるのです。

アートセラピーとは

目に見えない心の世界を、目に見えるかたちにして現実世界にあらわすもの……それがアート。アートセラピーは、アートのこの「心をかたちにする力」を利用して、自分の心を回復させたり、成長させたりすることを目的としたセラピー技法です。たとえば絵の具やクレヨンなどの画材を使ったり、全身を使ったりし、思いのままに自分自身を表現することで、自分でも気付かなかった「本当の自分」に出会うことになります。

「アート」と言っても、何も特別なものではありません。絵のうまい・へたなどは一切関係なく、ありのままに表現するという行為そのものが大切です。手や目や脳の感覚を刺激することにより、鈍った五感を活性化する効果も期待できます。アートセラピーは医療の現場でも用いられており、当社では世界のアートセラピー医療の現場で働けるようになる国際資格の講座も開講しています。また、内閣府が所管する「生涯学習開発財団」認定の資格も取得可能です。

「あなたを活かす道」が見つかる
クエストのアートセラピー講座

クエストはアートセラピーコースを開講し、15年以上にわたって1,000人以上の方の学びや自己分析をサポートしてまいりました。

その活動の根幹にあるのは、皆さん一人ひとりの「自分力」獲得をサポートしたいという想い。「自分力」とは、いかに自己の価値を信じ、活かしていくのかを判断する力のことです。自分力を得ることで、人は豊かで穏やかな、自信に満ちた日々を送ることができます。

アートセラピーを学んで得られる自分への理解や自信、セルフケア・自己実現のノウハウは、あなたに必ず「自分力」を与えてくれるはず。クエストは、豊富な講師陣で学びの日々をサポートすることで、受講者の方々からはさまざまな反響をいただいております。

卒業後の活動は、医療の現場、企業内看護師、幼稚園・保育園、学校、高齢者施設、障害者施設、学校、アートセラピー教室、サロン、カルチャースクールなど多種多様。ご自分でお店やスクールを始められた方も少なくありません。クエストのアートセラピー講座で、ぜひ「あなたを活かす道」を見つけてください。

アートセラピーの資格取得について

クエストでは、さまざまなアートセラピーの資格取得を支援する講座を開講しています。内閣府が所管する「生涯学習開発財団」によって認定された国内資格や、カナダアートセラピー協会(CATA)によって認定される国際資格など、キャリアアップのきっかけとなる資格も取得可能。もちろん、セラピスト入門者の方々が一歩一歩着実にアートセラピストの道を歩んでいけるよう、初級資格へのチャレンジ講座もご用意しております。

アートセラピー学院「クエスト」について

クエストアートセラピー学院 学院長 柴崎千桂子
クエストアートセラピー学院 学院長 柴崎千桂子

クエストは「人生に喜びを創造する」ことを目的として、1997年に設立されました。代表の柴崎嘉寿隆(しばさき かずたか)は、クエストを設立する以前の1987年より、25年以上にわたって個人および企業向けの「心理トレーニング」をご提供しています。

スクールの校長を務める柴崎 千桂子(しばさき ちかこ)は、学生時代よりカウンセラーとして経験を積み、そのキャリアの中でアートセラピーを体得。その後、都内の精神医療を専門とする総合病院内で、患者と「アートで対話する」アートセラピストとしての活動を開始しました。

こういった2人の培ってきた知識とノウハウを掛け合わせ、研究を重ねた末に生まれたのが、クエストのアートセラピー。「自分を好きでいること」と「自分を大切にすること」を主題としてアートセラピー講座を行い、1998年以来1000名以上の有資格者を世に輩出しています(2013年3月現在)。