ホーム  >  クエストのアートセラピー講座とは  >  各種講座一覧  >  シニア・アートワークセラピーコース

講座説明会/無料体験レッスン始まります。

*詳しくはこちら

 

シニア・アートワークセラピーコース *専門課程*

 

 〜内閣府所管 一般財団法人生涯学習財団 認定資格講座〜

 ◯『セラピスト』2015年2月号(BABジャパン刊)に掲載されました。◯
 写真)漆戸美保 BABジャパン「セラピスト」


アートセラピー理論に基づく『高齢者向けのアートケアを学ぶ』

「存在価値」、「愛する対象」、「ミッション」
をどれほど自分の中に感じられるか。
それが生きがいにつながります。


生きがいは、
”豊かな人生”を創造していくのです。

「いつまでも自分らしく」

そんな生きがいをシニアの方に提供していくこと、
そして、あなた自身もこの生きがいを実感していくことが
このクラスの目的です。

「カタチを学ぶ」のではなく、「カタチを創りだす」コースだからこそ、「自分らしさ」が輝くのです。


<こんな方に>
・介護職や福祉の現場の方
・高齢者の方と上手にコミュニケーションをとりたい方
・自分らしいレクワークを提供したい方

・「生きがい」というキーワードにピンときた方
 



コースの目指すところ

高齢者施設で、アートワークが提供できるための知識と技術(適した素材、セッションリードのテクニック、プログラム作り等)を習得を目指します。


”介護”の世界に『アートセラピー』を活かす〜卒業生の声〜

         
 

 

講 師:高橋洋子

シニアアートワークセラピストコース講師
西洋式レイキティチャー

(一財)生涯学習開発財団認定マスターアートワークセラピスト

デイケア施設、有料老人ホーム等、高齢者の方を対象
にしたアートセラピーの他、施設スタッフ向けへのアートセラピーなども
提供している。

 


シラバス(コース内容)

シニア・アートワークセラピーコース

1回目(1日目)
・キッズ&シニア合同オリエンテーション
・アートワークセラピストセラピストの活動と広がり
・生きがい
・ビジョン


2回目(2日目)
・高齢者向けアートワークとは
・高齢者心理 疑似体験
・データからみる効果
・プログラムづくり
・ウォーミングアップの重要性

3日目(2日間)
・自然素材が与える脳への刺激 効果
・素材研究 (紙・粘土・墨など)
・回想療法
・塗り絵アートワークセラピー


4日目(2日間)
・高齢者のための音楽療法
・色が与える影響 効果
・現場での具体的な対応 ロールプレイ


5日目(1日間)
・合同画によるアートワークセラピー
・自己承認について
・修了式

 

*プログラムは都合により変更することがあります。 *受講生によるミニワーク実習あり
*【会場】クエストスタジオ 他

 


 

2016/12開講 第13期日程

第1回目  12/3(土)
第2回目  12/17(土)&18(日)
第3回目  1/28(土)&29(日)
第4回目  2/25(土)&26(日)
第5回目  3/25(土)
現場研修について

提供施設での現場研修あり。
研修日が合わない場合は別途対応します。

クエストでの活動のための登録を希望している方は、
20時間以上・10セッション以上の研修が必須です。

詳しくはスタッフにご相談下さい。

受講費用

【受講費用】:216,000円(税込)+材料費込み

●分割でのお支払い
 ※分割手数料:6,480円(税込)

(1回目)申込後2週間以内・・・82,080円(税込)
(2回目)         1/10まで・・・ 70,200円(税込)
(3回目)         3/10まで・・・ 70,200円(税込)

【振込先】
 ・三井住友銀行 目黒支店 普通 6474232
 ・郵便振替 00160-7-568228
      口座名:株式会社クエスト総合研究所

認定試験について

認定試験
・試験日:2017年4月下旬予定
・費 用:16,200円(税込)

認定資格
・一般財団法人生涯学習開発財団認定 シニアアートワークセラピスト
・クエスト認定シニアアートワークセラピスト
(上記は、認定アートセラピストであり、現場研修(10回)を終了した方が対象となります。)

・クエスト認定シニアアートワーククリエイター
(現場研修(10回)を終了した方が対象となります。)

 

体験談

氏名
(イニシャル)
/年齢・性別

  シニア・アートワークセラピーコース受講生の声
●今までの授業の内容はどうでしたか?

U・Cさん
 

ひとつひとつ体験型で楽しく学べてよかったです。現場での細かいことにフォーカスしすぎずにアートセラピストとしての人間性に焦点を当てた内容に共感を覚えます

T・Aさん
 

現場の生の体験を含めた座学、みんなのミニワーク、現場のサポート、ビジョンを見つめる時間、すべてが有意義でした。

A・Kさん

1回1回がすごく心に残る授業でした。腑に落ちる感じです。授業でいろいろなワークを体験できたのも良かったです。スキルだけでなく、「心」や「在り方」についても多くを学んだと思います。

 

A・Yさん
 

内面で感じているものを外に出す経験を重ねることで、シニアの方々にアートを提供する際も、シニアの方が感じていらっしゃることに思いを寄せることがどんなに大切なことなのかを知ることができました。「与えるー自分も癒される」ことを学べる内容でした。

M・Nさん

心を揺さぶられる、心に響く内容でした。
●学ぶ前と今では、何か変化がありましたか?

M・Mさん

より自然体な自分に出会えました。高齢者の方に接するうえでは、飾ったり、見栄をはったり、無理な頑張りなど意味がなく、そのままの私で接していくことが一番大切なんだと実感しました。

M・Mさん

安心して、今のままの自分でいることができたように思います。自分で何かを作り出すというのは難しいと思っていましたが、やることができた楽しさ、喜びをたくさん感じた自分がいます。

M・Kさん

いつも頭で考えることが多かったので、シンプルさやスッキリ感を味わえるようになりました。

K・Yさん

やりたいことが明確になり、現実味をおびえてきた。細かく丁寧に行っていくことはもともと好きだが、もっと違う視点からも アプローチ出来る事を知った。
●この学びをどんなことに活かしていきたいですか?

K・Yさん

勤務先の障がい者施設に活かしていきたい。

T・Aさん

自然体験 x アートのプログラムを行っていくことに活かします。

N・Iさん

職場(老人ホーム)でのレクリエーション、行事に活かしたい。職場のスタッフ向けのワークも開催したい。

Y・Yさん

まずは現場のサポーターとして活動します。その過程で、自分らしいアートセラピーを探求していきたい。

F・Oさん

人間関係全般、会社やプライベート、チーム作りに活かしたい。

卒業後の活動

  • お申込みに関しましては、関連サイト「クエスト総合研究所」に移動します。
    受講内容によっては募集が終了している場合もございますことを予めご了承ください。