ホーム  >  クエストのアートセラピー講座とは  >  各種講座一覧  >  アートサポートコース

 

【アートワークセラピー講座】4/10月開講 
 

人と仕事に役立てるアートサポートコース

「アートを周りの人や、自分の仕事に役立てたい」

このような声にお応えするための、4回コース
ことばでは伝えきれない思いや気持ちに寄り添うメソッドを学びます。アートセラピーの考え方や、人へのアプローチを、アートセラピストとしてではなく、日常に活かしていくための、講座です。

アートの力と心理学を用いたアートセラピーは、非言語のセラピーです。子どもから高齢者、悩みの解消からビジネスの応用など、その活かし方を学びます。
 

*資格取得コースもあり
(全6回)



*東京校 4月/10月開講
*大阪校   4月開講
 

アートセラピーコース講師陣 4月東京校 大阪校



柴崎千桂子のコラム (保育士バンク)  
 NEW   『右脳活性化が一番のリラックス』
 9/11
  『信頼のあるところに成長はある』 
   6/27    『絵は子どもからのラブレター』  

シラバス(コース内容)/日程

アートサポートコーススケジュール

 

開催地 日程 内容
1回目(2日間)
東京  4/22(土)23(日) 
大阪:4/15(土)16(日) 

・アートセラピー概論
・アートセラピストの活動
・アートを使った傾聴と問いかけ法
・絵の読み方 捉え方

2回目(2日間)
東京:5/20(土)21(日)   
大阪:5/13(土)14(日)   

・乳幼児 子ども 成人へのアートワーク
・高齢者へのアートワーク
・各種施設(教育現場 障がい者 復職支援)
・災害被災者支援

3回目(3日間)
東京・大阪合同開催 
6/16(金)17(土)18(日) 

<集中3日ワークショップ>
・アート素材を使った自由な表現と癒し
・クリエイティブアーツセラピー  (ドラマ ムーブメント 音楽)
・瞑想アートによる自己受容

4回目(2日間)
東京:7/15(土)16(日) 
大阪:7/8(土)
   9(日) 

・アートカウンセリング技法①
・描画を見立てる方法
・人生につなげる描画分析
・アートワークカフェの作り方

↓↓

資格取得を目指したい!学びを深めたい方

 + 全2回(3日間)

5回目(2日間)
東京:8/26(土)27(日) 

・アートカウンセリング技法①
・描画を見立てる方法
・人生につなげる描画分析
・アートワークカフェの作り方

6回目(1日間)
東京:9/17(日)
 

・予防のためケアのためのアートワーク
・アールブリュット
・修了式

 

時間 東京 10:00~18:00 大阪 9:30~16:30
集中3日間 10:00~20:00
※プログラムは進行状況により変更される場合があります。
ご了承ください。
 

資格取得について

資格について

アートワークセラピー講座合格者には下記資格授与されます。

・(一財)生涯学習開発財団認定 アートワークセラピスト *有料
・クエスト認定アートワークセラピスト

資格取得必要条件

①8割以上の出席 (集中3日ワークショップを含む)
②アートワークサポートコース合格 (試験:2017/9中旬 15,000円税別)
③アートカウンセリング受講 (全3回 15,000円税別)
④アートアウェアネスコース論文提出(考査料 15,000円税別)
⑤エニアグラムワークショップ受講(5,000円税別)

 

受講費用

20周年特別企画

4回コース合計金額
 入学金 20,000円(税別)
260,000 → 240,000円(税別)

支払方法
①一括払い
②2分割払い (手数料5,500円税別)→支払い期限 6月末まで
③月謝払い   (手数料7,000円税別)→支払い期限   7/14(金)まで


資格取得コース(全6回)合計金額
入学金 20,000(税別)
+350,000 → 330,000円(税別)

支払方法
①一括払い
②3分割払い (手数料9,900円税別)→支払い期限 8月末まで
③月謝払い   (手数料13,200円税別)→支払い期限   9/15(金)まで

不明点はいつでもお問合せ下さい。

【振込先】
 ・三井住友銀行 目黒支店 普通 6474232
 ・郵便振替 00160-7−568228
      口座名:株式会社クエスト総合研究所
 

お渡しする画材

【お渡しする画材】

  キャンバスバック、36色オイルパステル、ソフトパステル、
  色鉛筆、画用紙、上質紙、フェルトペン

受講者の声

アートセラピーコース(36期)

受講の決め手を教えて下さい。

尋ねたいことなどが聞ける窓口がはっきりしているところ。芸術療法学会との臨床現場の話しが聞ける。プログラムを数多く体験出来る。卒業後の活動モデルがある。(Y.Yさん女性)
体系だっているプログラムとユング心理学が基礎になっていたこと
                                       (S.Tさん女性)


第一回目の体験はいかがでしたか?

アート=人間の生きる糧=選ばれた人間だけがする行為ではないことに改めて気づかされました。                          (K.Yさん女性・30代)
普段こんなに絵を描くことがないのでとても楽しかったです。どんなことでも表現すること、それは自己の投影であることがよくわかり興味深かったです。柴崎先生の豊富な臨床経験がアートセラピーのスキルを越えてとても参考になりました。                                  (S.Tさん女性・50代)
プログラムを数々体験出来き、自分の職場にもためせないかとよい刺激を受けた。                                  (Y.Yさん女性・50代)
絵を描く時間がとても自由ですごく楽しかったです。いろんな人のいろんな見方があることが新鮮でした。                    (N.Kさん女性)
刺激をたくさん受けて充実した二日間でした。座学が多いイメージを勝手に持っていたのですが、実習が多かったので自分自身も早い段階から解放されていくような心地良さがありました。そして、誰が何を発言しても「受け止める」「受け入れる」空間が出来ていて、それがすごく、何にも代えがたい魅力のように感じました。                                       (F.Aさん女性)

 

現場体験

資格取得コースの方のみ

●現場体験

 高齢者向けアートセラピストや子ども向けのアートセラピストを目指す方には、クエスト卒業生が実施している各現場のサポーターとして優先して現場体験をする事が出来ます。

***

●卒業生の活動

 クエストには大勢の卒業生がいます。
 自分の人生の中にアートセラピーを取り入れて活動をしています。

 卒業生の活動はこちら
 

  • お申込みに関しましては、関連サイト「クエスト総合研究所」に移動します。

    受講内容によっては募集が終了している場合もございますことを予めご了承ください。