上達する喜び

絵画は描けば描くほど上達します。もちろんスランプもありますが、長い目で見た場合、そのスランプですら、次のステップに進むには必要な時間です。より高く飛ぶために低くしゃがみ込むその時、それがスランプなのです。つまり、結果的に生涯にわたり上達し続けたいのであれば、絵画を学ぶことは大切です。

以前よりも優れた自分を見出すことができる点において、上達することは喜びでもあります。昨日よりも今日、今日よりも明日…と日々進化している自分に、あなたは毎日大きな喜びを感じることでしょう。絵画を学ぶということは、毎日が幸せになることと同義なのです。

”絵画芸術”という高い山

たとえ上達したとしても、学習内容は尽きません。それは絵画を生涯学んでいく理由でもあります。